プログラミングスクール

プログラミングスクールを比較してみました

更新日:

自宅学習か実際にスクールに通うか

プログラミングスクールを比較するにあたり、最初のステップとして判断基準に組み込むべき問題は

「自宅学習ができるプログラミングスクールを利用するか」

「実際にスクールに通いプログラミングを学ぶか」

という点を判断基準に組み込みましょう。

そのうえでどちらの手法が利点があるかを述べます。

まず、自宅学習型のスクールになりますと、CodeCampやテックスタジアム等が挙げられます。
CodeCampの特徴としては分野ごとにプログラミングを学ぶことができるのが利点で、最も安いコースで2ヶ月148,000円からプログラミングを学べるのです。
もちろん贅沢なコースもあり、学ぶことが可能な言語すべてを学ぶことができるコースとなると300,000円からあります。

一方テックスタジアムはというと、UnityやUE4, AI(Python), XRといったコースが特徴で、2ヶ月間で1コース90,000円でプログラミングを学べ、
そのうえでテックスタジアム経由で就職が決まった場合、授業料の返還を受けることが可能です。

ゲームエンジニアなどやりたいことが決まっていて、じっくりと腰を据えて学ぶのであればテックスタジアムが結論としてはおすすめです。

スクールタイプの場合は、自分が通うことができるエリアにスクールが存在しているかが重要

スクールタイプのプログラミングスクールの場合は自分が通うエリアにスクールが存在しているかどうかが重要な比較ポイントになり、プラスする形で料金となります。

まず代表的なスクールとしては、テックキャンプ エンジニア転職が挙げられ、場所としては東京や大阪、愛知のほか名古屋にスクールがあります。
その中でも東京と大阪の主要駅にスクールが多いのがテックキャンプ エンジニア転職です。
テックキャンプ エンジニア転職と比較する対象としては、tech boostがありこちらは東京と大阪にスクールがあります。

そのうえで料金についてですが、まず、テックキャンプエンジニア転職の場合、通常学習と夜間学習があり、通常学習ですと59万円、夜間ですと79万円ほどになります。
一方tech boostは、最初に社会人は29万円の入学金を支払い、後は月額の料金を支払い学習するスタンスなので、
29万円プラス月額の料金2万9000円の支払いとなりどちらがお得かについては学習を終えた速さが関係してくるのです。

また、どちらのスクールも"WEBエンジニア"のみを育成する内容となっており、
最近ではWEBエンジニア向け教材は、無料で質の高いものもネット上にたくさん存在することを考えると
正直この料金は高く感じてしまいますね。

-プログラミングスクール
-, ,

Copyright© オンラインスクール比較 ガッチ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.