就職転職

ゲーム業界における職種の違い

投稿日:

ゲーム業界で働く人の中にも、様々な職種がある事は多くの人が知っています。
ゲームは様々なストーリーをその中に含めているため、テレビの番組を作るようなイメージと捉えると非常にわかりやすいのです。

テレビ番組を作る際にはその全体のストーリーを決める脚本家と、
実際に撮影を行うときに現場での細かな指示を行うディレクター、
そして番組全体を取りまとめるプロデューサーと言う存在が非常に重要になりますが、
ゲーム業界でも同様に企画を立案するプランナーと、
その企画を具体的に細かなレベルまで総合的に仕上げるディレクター
そして全体を取りまとめるプロデューサーと言う存在が重要となっています。

ゲーム業界におけるプランナーの役割は、様々な情報収集を行いどのようなストーリーに仕上げるかと言うことを大まかに企画する重要な役割です。
そのプランナーの企画によってゲームの良し悪しが決まると言っても過言ではなく、優秀なプログラマーなどが非常に高度な技術を駆使したとしても、必ずしもヒットするゲームになるとは限りません。
そのためプランナーの責任は重大で様々な情報などを集めながら効果的な企画を立てることが期待されています。

ディレクターはプランナーが立案した企画に基づき必要なプログラマーを集めたり、また様々なゲームのチューニングを行うことが必要となるため、
プランニングの技術とプログラミングの技術を両方持ち合わせていなければ
なかなかできないものです。そのためディレクターはプランナーと
プログラマーの両方を経験している人がなることがよくあります。

プロデューサーは、全体を取りまとめる非常に重要な役割であるとともに、お金の面も意識しなければいけないため重大な責任を持っている立場です。
上層部などと交渉を行い、また必要に応じて広告宣伝や様々なイベントの企画などを行うこともプロデューサーの重要な役割となっており、プロダクトの発売後も様々な販売戦略などを取りまとめると言う責任を負っています。

-就職転職
-, ,

Copyright© オンラインスクール比較 ガッチ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.